スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROOKIES -卒業-

2009年06月22日 21:03

ROOKIES -卒業-

夢が、俺たちを強くした。

監督: 平川雄一朗
プロデューサー: 佐藤善宏 、東信弘 、津留正明 、秋山真人
エグゼクティブプロデューサー: 濱名一哉
企画プロデュース: 石丸彰彦
原作: 森田まさのり 『ROOKIES』
脚本: いずみ吉紘
音楽: 羽毛田丈史 、高見優
音楽プロデューサー: 志田博英
主題歌: GReeeeN 『遥か』

出演: 佐藤隆太/ 川藤幸一 、市原隼人/ 安仁屋恵壹 、小出恵介 /御子柴徹
城田優/ 新庄慶 、中尾明慶 /関川秀太 、高岡蒼甫/ 若菜智哉 、桐谷健太 /平塚平
佐藤健/ 岡田優也 、 五十嵐隼士/ 湯舟哲郎 、川村陽介/ 桧山清起 、尾上寛之 /今岡忍
山本裕典 /赤星奨志 、石田卓也 /濱中太陽

(あらすじ) 2009年、春。川藤幸一は教師に返り咲き、ピッチャーの安仁屋はじめニコガクナインも揃って3年に進級。そんな野球部に2人の新入部員がやって来た。ひとりは中学時代からその名を轟かせてきた大物、赤星奨志。もうひとりは、ひょんな誤解から部員の平塚に尊敬の眼差しを向ける濱中太陽。しかし、メジャーリーグを目指している赤星は横柄な態度でチームの和を乱し、濱中もまた平塚に抱いていた幻想を早々に打ち砕かれ、すっかりやる気をなくしてしまう。そんな中、夏の予選大会を前にニコガク野球部に衝撃が走る…。


・・・

涙腺決壊(┳◇┳)

遅ればせながら「ROOKIES-卒業ー」観てまいりました。

 元々原作が大好きで大好きで大好きで。

そしてドラマにもしっかりハマった私。
映画の前評判も上々で、すっごい期待してました。

いやぁ・・・もう満点を超える出来ですよ~!q(T▽Tq)(pT▽T)p


 原作とはちょっと違ったりするんですが、うまく補完されてるし、
何よりやっぱりキャストの妙ですよね。

もう期待通りの素敵新庄・城田優
ROOKIES-新庄
今回もいい場面でしっかりみんなを支えてくれてます。
いいヤツだなぁ・・・。

そして何より想像以上だったのが
赤星奨志 as 山本裕典

ROOKIES-赤星

鼻血出るかと思いました。
ピッタリはまってます。
もう完璧。

たしかに細かく言えば色々あるのかもしれませんが(左右の違いとかね)
でもホントに赤星が動いてるのかと思ったくらい
私には完璧でした。
ちょっといい子すぎるとは思いましたけどね。

もう前半から涙腺緩みっぱなし。
中盤~後半にかけては
涙ボロボロ、鼻水ズルズル・・・
ラストには完全決壊。

化粧は全て剥がれ落ち、目は腫れてるわ、鼻は赤いわ・・・
とても太陽の下を歩けない状態に。

ラストはタイトル通り「卒業」のオリジナルシーンでした。
原作で描かれててもきっとこんな感じだったんだろうな。
本当に心温まるいいシーンでした。
うちの子供達もこんな熱い学生生活を送れたらいいのに・・・。

 あえて言うなら卒業式のシーン。

「オマエらの卒業式には紋付き袴で出てやる!」

って川藤先生が(1学年上の先輩の式の時に)言うシーンが原作にあるんですが、
その通り紋付き袴を着せてほしかったな~・笑

これで「ROOKIES」は本当に卒業を迎えました。
漫画としても、映画としても、
間違いなく私の生涯ベスト5に入る作品です。

素晴らしかったです!
ありがとう!!

スポンサーサイト

スケルトン・キー

2009年06月10日 20:50

スケルトン・キー-ジャケ

原題:THE SKELETON KEY
公開:劇場未公開
製作国:アメリカ
監督: イアン・ソフトリー
製作: マイケル・シャンバーグ 、ステイシー・シェア 、イアン・ソフトリー 、ダニエル・ボブカー
製作総指揮: クレイトン・タウンゼント
脚本: アーレン・クルーガー
撮影: ダニエル・ミンデル
音楽: エド・シェアマー
出演: ケイト・ハドソン/ キャロライン 、ジーナ・ローランズ/ ヴァイオレット
ジョン・ハート /ベン 、ピーター・サースガード /ルーク 、ジョイ・ブライアント/ ジル

(あらすじ) ルイジアナ州ニューオリンズ。看護士のキャロラインは、老婦人のヴァイオレットと脳梗塞で全く身動き出来ない夫のベンが住んでいる古い屋敷に住み込みで働くことになった。その屋敷には鏡が一つもなく、至る所に魔よけのレンガ屑が撒いてある。働き始めて間もなく、バイオレットから全ての部屋を開けられる合鍵を預かるキャロライン。そしてある日、彼女はその鍵でも開けられない部屋を発見する。そこから、土地に伝わる古呪術“フードゥー”の存在と、昔この家で起こった惨劇を知らされるのだが…。

スケルトン・キー-3

いや~怖いよ~。
呪い、怖い。

”フードゥー”いわゆるブードゥーのお話です。

徐々に徐々に解かれていく謎。
めっちゃ怖い主人の妻・ヴァイオレット。
ベンは助かるのか、主人公は助けられるのか・・・。

そして最後の最後で・・・・

キャ~~~~!!!∑( ̄Д ̄)ガーン(=Д=;)マジー(=_=;)シュン

スケルトン・キー-1

あ~あ。うわぁ・・・キッツイなぁ・・・。(´Д`) =3

確かにいい終わり方はしませんよ!
でも全てが解決してスッキリ爽快な気分にはなれ・・・・
ます・・・・よ・・・?(スッキリするけど爽快ではないかも)

スケルトン・キー-2

1本の鍵から始まる恐怖の世界。
信じる信じないはご自由に・・・。

ゾンビ・ストリッパーズ(無修正版)

2009年06月09日 00:39

Z-ストリッパーズ-ジャケ

飛び散る感部! 波打つ巨乳!
血しぶきのステージに男の欲望が渦巻く!

もう、我慢できない。


原題:ZOMBIE STRIPPERS!
製作国:アメリカ
公開:2008年10月
映倫:R-18

(あらすじ) 大物ポルノ女優ジェナ・ジェイムソンを主演に迎えて贈るB級エロティック・ホラ-・コメディ。共演は「エルム街の悪夢」のロバート・イングランド。近未来のアメリカ。軍は死者を戦闘に利用するためゾンビ化するウィルスを極秘裏に開発した。しかし、ゾンビ化した兵士が次々に増殖、ほどなくその中の一人が場末の違法ストリップ・クラブに入り込み、ストリッパーのキャットに襲いかかった。誰もが死んだと思ったキャットはゾンビ化して甦ると、これまでとは比べものにならないほどセクシーなポールダンスを披露して男たちを虜にしてしまい…。(allcinemaより)

もう我慢できない!・笑

ゾンビでうはは。おっぱいでムハハな
一粒で2度おいしい作品。

わたくしもおっぱいのついてる女でありますが、
ぷりんぷりんのおっぱい大好き
ええ目の保養やった~(≧∇≦)



でもしっかり切り株ってくれてますのよ。
これもポイント高し。

z-S-3


ロバート・イングランドも出てるしね~。
なんかこの方が出てるだけで
ホラー感がグッと上がるのは私だけかしら?


z-S-2
怖いです。(メイクが・・・)


内容はおバカなんですが、結構楽しめましたよ。
切り株派なオッパイ星人は必見!

 実はコレ・・・

土曜の夜に一人で見ようと思いつつ寝オチ・・・
夜中(2時頃)にこっそり起きて見てたら
日が昇ってから帰ってくると思ってたダンナ帰宅。
返却したかったので止めることなく見続けるという
暴挙に出た妻。

「いいところに帰ってきたな~。
おっぱいボインボインでてくるで」


なんて言ってみても一瞥をくれるだけ。

おっぱい出てても腕ちぎれてたり、
顔をバカーン!
じゃねぇ・・・(/_<)

↑なシーンも笑うに笑えず。
ダンナは無言で飯喰って酒飲んで新聞読んで・・・。

それでも最後まで見きった私は違うドキドキ感も味わったのでした。

一粒で3度おいしかった・・・。かも・・・?

z-S-1
ごちそうさまでした。

人喰殺人鬼

2009年06月06日 09:18

人喰い殺人鬼-ジャケ

原題:THE MAN-EATER
製作国 :タイ (2004年)
公開情報: 劇場未公開
映倫:R-15

(あらすじ)タイで実際に起こった連続幼児殺人事件を元に製作された猟奇ホラー。46年、中国から移民としてタイにやって来た青年・シーウイ。彼は過酷な労働と差別の中で次第に正気を失っていき、ある少女の死をきっかけに猟奇殺人へと手を染めていく。


タイの連続幼児殺人犯・シーウイの実話を元にした作品。

タイトルだけで人がバンバン殺されて、
R-15なのでグロシーン満載を期待して見ると
裏切られますが(私もそうだけど)
でもシーウイという「殺人鬼」
その壊れていく過程が丁寧に作りこまれていて
確かに緩くはあるんだけど結構引き込まれました。

 幼少期から病弱で、どこに行ってもイジメられ、
バカにされ、虐げられ・・・
心優しい青年もそりゃ卑屈になりますわ。(キレてく表情はお見事!)
だからって殺しちゃ絶対いかんのですが。

 体もどんどん悪くなり、精神的にも追い詰められていくシーウイ君。
思い出すのは「精がつく」と内臓を食べさせられそうになった軍隊時代や
母の姿。

そして唯一心のよりどころとなっていた少女の死。
しかも自分で誤って手に掛けてしまった・・・。

壊れてしまったシーウイの心。
遂にシーウイは子供を殺して内臓を持ち帰り食してしまいます。

人喰殺人鬼-1


 それからも各地を点々としながら次々に殺しを重ねていく・・・。

そして遂に掴まってしまいます。

 昔、母が与えてくれた心臓は、死刑囚(公開処刑)から
切り取ってきたもの。
その囚人と同じく銃殺刑に処されるシーウイ。

しかも最後の最後まで「自白したら釈放してやる」なんて
騙されて。

 殺しは絶対いけません。
でもちょっと「人喰殺人鬼」なんて呼べない。
彼のやったことはそうなのかもしれないけど、
う~~~ん・・・

もし本当にシーウイという人がこの作品で描かれている
好青年であったならば、
時代背景さえ違えばとてもいい人生が送れたのかな・・・?
そう思ってしまうくらい可哀想な、
犯罪者側に感情移入してしまう作品でした。

 DVD MENUのBGMは「咳」

咳喘息、辛いよね~。( ´△`)

私も最近患ってるんでよくわかるんだけど・・・。
人の内臓かぁ・・・ メモメモ・・・_...........¢(。。;)

なんてね~!(゚∇^*) テヘ♪

とりあえず「じゅうじゅうカルビ」でも行っとく?・笑


 タイ・バンコクにあるシリラート法医学博物館(シーウイ博物館)に
シーウイさんの遺体が展示されてます。

「処刑されても供養する価値はない」

と、政府が判断したからだそうです。

この博物館、殺人事件の凶器や現場写真、
ちぎれた腕や足の標本やらかなりすごいらしいです。
シーウイの被害者の実際にきていた服なんかも
あるそうです。

シーウイさんはミイラではなく、
蝋漬けのようですね。
写真はあちこちでみれます。
本物ですので一応追記にしておきます。
グロいのが苦手な方は開かないで下さいね。



[人喰殺人鬼]の続きを読む

「スラムドッグ$ミリオネア」

2009年04月21日 08:08

スラムドッグ$ミリオネア-ジャケ


運じゃなく、運命だった。

原題:SLUMDOG MILLIONAIRE
製作国:イギリス/アメリカ
公開:2009年4月
映倫:PG-12
監督: ダニー・ボイル
共同監督: ラヴリーン・タンダン
製作: クリスチャン・コルソン
製作総指揮: ポール・スミス、テッサ・ロス
原作: ヴィカス・スワラップ 『ぼくと1ルピーの神様』(ランダムハウス講談社刊)
脚本: サイモン・ボーフォイ
撮影: アンソニー・ドッド・マントル
プロダクションデザイン: マーク・ディグビー
衣装デザイン: スティラット・アン・ラーラーブ
編集: クリス・ディケンズ
音楽: A・R・ラーマン
出演: デヴ・パテル /ジャマール・マリク、
マドゥル・ミッタル/サリーム・マリク
フリーダ・ピント/ラティカ 、アニル・カプール/プレーム・クマール
イルファン・カーン/警部
アーユッシュ・マヘーシュ・ケーデカール/ジャマール(幼少期)
アズルディン・モハメド・イスマイル/サリーム(幼少期)
ルビーナ・アリ/ラティカ(幼少期)

(あらすじ) インドの国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”。この日、ムンバイ出身の青年ジャマールが、次々と難問をクリアし、ついにいまだかつて誰も辿り着けなかった残り1問までやって来た。ところが、1日目の収録が終わりスタジオを後にしようとしたジャマールは、イカサマの容疑で警察に逮捕されてしまう。スラム育ちの孤児でまともな教育を受けたこともないジャマールがクイズを勝ち抜けるわけがないと決めつけ、執拗な尋問と拷問を繰り返す警察。ジャマールは自らの無実を証明するため、これまでに出された問題の答えは、すべてストリートで生きながら学んだと、その過酷な過去を語り始めるのだったが…。

2008年アカデミー賞8部門 (作品賞・監督賞・脚色賞・撮影賞・作曲賞・
歌曲賞・音響賞(編集・調整)・編集賞)受賞作品


「トレインスポッティング」「28日後...」のダニー・ボイル監督作品。

 万国共通。世界で最も有名なかつ人気のあるクイズショーと言えるだろう

クイズ$ミリオネア


インド版「ミリオネア」で史上最高賞金を獲得したジャマール。
スラム出身で教育など受けてないはずの彼が
医者や弁護士ですら途中で脱落しているのに何故答えられたのか。
不正をしたという嫌疑で逮捕され、拷問を受けます。
 最初のシーン・・・ジャマールが尋問を受けてるシーン。
悪そうな顔したおっちゃんに問い掛けられ、
答えても答えなくても叩かれたり、水攻めにされたりしてるんですが、

クイズの師匠に鍛えられてんのかと思った・・・笑

そうじゃなかった・・・。深刻なシーンでした。

 ジャマールの口から語られる悲しい過去。
彼が答えたクイズの正解の数々は、全て過酷な実体験から
得た知識。
中には「知りたくなかった・・・」という答えも。
 
 こんな書き方をすると何だかとっても重苦しい感じですが、
確かに惨憺たるスラムの生活。
でもその中で必死に生きる子供達の姿は
躍動してて、「生」に溢れています。
 そしてダニー・ボイルお得意の疾走シーン。
走る走る!!

スラムドッグ$ミリオネア-2
これは汽車が走る!・笑

 
掃き溜めのようなスラム、突如起こる暴動、
人身売買・・・
 その中で全編を通して一貫されてるのは「愛」

 ジャマールと兄・サリームの兄弟愛。
そして暴動の中出会った少女・ラティカとの一途な愛。

 特にラティカを思うジャマールの愛は強いし美しいです。

 さてミリオネアですが・・・。

スラムドッグ$ミリオネア-1

日本のミリオネアと圧倒的に違うのは

溜めない。

これがない↓
mino_monta.jpg

 この司会者「オレのショーなんだよ!」とか言って
ジャマールに答えを教えるわ(嘘の)、「イカサマしてる」って
警察に通報するわ・・・ええんか?

ま、まさか・・・みのもんたも?!


  インドの国中が釘付けになる中、最終問題は
ジャマールの人生の中で何よりも心に刻まれてる思い出に
関する問題。
 
 全ては運命だった。

 何度も離れてはめぐり合い、傷ついても惹かれあった
引きつけあったジャマールとラティカ。
 
 ジャマールを時には傷つけ、手を汚しながら
のし上がってきた兄・サリーム。
ジャマールが史上最高賞金を手にしたのと
時を同じくして札束の中で命を終える。
ジャマールとラティカを守りながら。
それも運命。

 エンドロールはインド映画でお馴染みのダンスシーン。

突如始まるからちょっと笑っちゃうんだけど、
一番感動したかも・・・。

スラムドッグ$ミリオネア-3


 最後の最後に「あぁ、これってラブストーリーだったんだ」って
しみじみ思います。
しかも壮大で美しい。

 「異色」かと言えば異色だったかもしれないけど、
心に染みる作品でした。

 私の劇場復帰第1作目をこの作品にできて良かった。






最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。