スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mr.ビーン~カンヌで大迷惑?!

2008年07月18日 16:27

2002年秋・・・
母と行ったオーストラリアで現地ツアーに参加した時、
帰りのバスの中で運転手さんが流してくれたのがMr.ビーンでした。
日本でも一時ブームでしたよね~?(私は見たことなかったんだけど)
あまり興味もなく景色に集中してたんですが、
前に座ってた絵に描いたような白人のオジサン(確か英国紳士)が

「うぉっほっほっほっほ!!!」

って終始笑いっぱなし!しかも爆笑!

正直、 何がそんなにおもしろいんだ?

ってなもんで飛行機の中でも、帰国してからレンタルもして見尽くした「Mr.ビーン」

やっぱり笑いって難しいね。

ビーン

原題:MR. BEAN'S HOLIDAY
公開:2008年1月
製作国:イギリス
監督: スティーヴ・ベンデラック
製作: ピーター・ベネット=ジョーンズ
ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
製作総指揮: リチャード・カーティス
サイモン・マクバーニー
キャラクター創造: ローワン・アトキンソン
ロビン・ドリスコル
原案: サイモン・マクバーニー
脚本: ロビン・ドリスコル
ハーミッシュ・マッコール
撮影: バズ・アーヴァイン
プロダクションデ
ザイン: マイケル・カーリン
編集: トニー・クランストゥーン
音楽: ハワード・グッドール
出演: ローワン・アトキンソン/ ビーン ,エマ・ドゥ・コーヌ/ サビーヌ
   ウィレム・デフォー/ カーソン・グレイ, カレル・ローデン /エミール
   マックス・ボルドリー/ ステパン,ジャン・ロシュフォール ,ジュリー・フルニエ
   アントワーヌ・ドゥ・コーヌ

(あらすじ)
ビーンはある日、教会のくじ引きで、南フランスでの一週間の休暇&ビデオカメラという一等賞を当てた。その期間はちょうど滞在先のカンヌで映画祭が開催されているとあって早速ビデオカメラを手にロンドンからフランスへ向かうビーン。そして列車での道中、同じくカンヌに向かっていたエミールというロシアの映画監督と出会う。しかし、ビーンのせいでエミールとその息子ステパンを離ればなれにさせてしまう事態に。さらに、路頭に迷ったビーンは、一緒にいたステパンともはぐれてしまい…。
(allcinemaより)

うん。Mr.ビーンだった。

って安心して観れる作品。
 
 「笑いのツボ」が違うので爆笑こそしなかったものの楽しめましたよ。
ま、お決まりのパターンなんだけど。
ビーンが好きな人も初めての人も安心して観てられると思います。

ビーン-1

 相変わらずのドタバタコメディ。
ビーンは周りを不幸に落としながら自分は色んなシーンを切り抜けていきます。
 
 もう展開は読めちゃうんだけど、その辺はさすがでそれでも面白い。(新喜劇とかと同じか・・・)
ローワン・アトキンソンも知らない頃は「キモイおっさんだな~」と
思ってましたがやっぱり奇才!

大道芸でお金を稼ぐシーンなんか見事!

 今回のお連れ様はステパン少年(かわいい)とサビーヌ(キレイ)
言葉も通じない3人ですが(通じてないのはビーンだけか)イイカンジ♪

ビーン-2

やっぱりビーンには「ミニ」がよく似合う!



 カンヌに到着してからはちょっとハラハラドキドキ・・・
そして大団円へ一気に加速していきます。
最後は結構感動的・・・なのかしら?・笑

ま、ビーンのビーンたるビーン故の作品。
ローワン・アトキンソンはすげえ!と・・・。

Mr.ビーンがお好きな方は懐かしさと共にどうぞ。




スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。