スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくの大切なともだち

2009年02月02日 09:02

ぼくの大切な友達-ジャケ

あなたには親友と呼べる友達がいますか?

原題:MON MEILLEUR AMI (英題:MY BEST FRIEND)
製作国:フランス
製作年:2006年
監督: パトリス・ルコント
製作: オリヴィエ・デルボス 、マルク・ミソニエ
原案: オリヴィエ・ダザ
脚本: パトリス・ルコント 、ジェローム・トネール
出演: ダニエル・オートゥイユ /フランソワ 、ダニー・ブーン /ブリュノ 、ジュリー・ガイエ/ カトリーヌ

(あらすじ)
美術商のフランソワは、自分の誕生パーティの席で思いがけない事実を突きつけられる。出席者が口を揃えて、フランソワには親友がいないと断言したのだ。反発するフランソワはビジネスパートナーであるカトリーヌの挑発に乗って、10日以内に親友を連れてくるという賭けをしてしまう。もし出来なければ、20万ユーロで落札したばかりの大切な古代ギリシャの壷を手放す事態に。さっそく自分が親友だと思っていた人たちを訪ねて回るフランソワだったが、自己中心的な性格が災いして結局誰からも相手にされずじまい。途方に暮れるフランソワは、ふとしたきっかけで出会ったタクシー運転手のブリュノにどうすれば友達が作れるのか教えを請うのだったが…。(allcinemaより)

うわ~。めっちゃいいお話でした。

最初はキッツイです。
自分の誕生日パーティーに
「いやいや、君の葬式に出席する友達なんて
誰もいないよ。」


とか言われちゃう。
ショックです。
いや、こんなん言われたら立ち直れません。

「な・・・何言うてんねん!おるよ、いっぱい、親友・・・」

と同僚のカトリーヌと賭けをすることに。
10日後に「親友」を紹介しないといけない。
リストアップしてみたものの見事に空振り。
リストのトップが取引相手って時点でどうかと思うんだけど。
途方にくれた時にたまたま出会ったいい人・ブリュノ
 「友達ってどうやって作るの?」とブリュノの友達作り講座が始まります。

ぼくの大切な友達-1

 ブリュノって本当に「いい人」なんだけど、
だからって友人に取り囲まれてるわけでもなく、
常に孤独を抱えてる。

「友達が欲しかったら周りに感じ良くするんだよ」
「感じ良くってなんぞ?」
 
ってそこから始まるフランソワの友達探しの旅。 
 そしてだんだんと関わりを、「友情」を深めていくわけだけど、
フランソワは懸命に尽くしてくれたブリュノに最悪の裏切りをしてしまう。

そのことで初めて「相手の気持ち」に気付くフランソワ。

最後はジーンときます。
本当に色々学べるいい映画です。
笑えるし、泣けるしね。

ちょっとメモをなくしてしまって正しいセリフかどうかはわからないけど、

「人生、笑っていればいいことがあるんだよ」

ってブリュノが教えてくれます。
ブリュノに救われたフランソワ。
そのことに救われたブリュノ。
でもそのきっかけになったのは(そのつもりはなくても)カトリーヌはじめ
「友達じゃねーよ!」って言ってた周りの人間。

あなたには親友と呼べる友達がいますか?

これ、結構大切ですね。
今私が友達だと思ってる人達が、一方通行じゃないことを祈って・・・。

ぼくの大切な友達-2

自分の葬式に友達が来ないのって、誕生日にメールがこないよりも
淋しいかも・・・。


 クイズが大好きで、博識なブリュノ。
クイズ番組に出ることが夢だけど、極端なあがり症のためなかなか叶わないでいる。
これが叶うことになるんだけど、
出た番組が

クイズ ミリオネア

さすがミリオネアは万国共通

でも頭の中はこの方でいっぱいになっちゃった・・・。

みのもんた


最後のいいシーンもみのもんただったさ・・・。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akkies238.blog43.fc2.com/tb.php/46-3b277a50
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。