スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スケルトン・キー

2009年06月10日 20:50

スケルトン・キー-ジャケ

原題:THE SKELETON KEY
公開:劇場未公開
製作国:アメリカ
監督: イアン・ソフトリー
製作: マイケル・シャンバーグ 、ステイシー・シェア 、イアン・ソフトリー 、ダニエル・ボブカー
製作総指揮: クレイトン・タウンゼント
脚本: アーレン・クルーガー
撮影: ダニエル・ミンデル
音楽: エド・シェアマー
出演: ケイト・ハドソン/ キャロライン 、ジーナ・ローランズ/ ヴァイオレット
ジョン・ハート /ベン 、ピーター・サースガード /ルーク 、ジョイ・ブライアント/ ジル

(あらすじ) ルイジアナ州ニューオリンズ。看護士のキャロラインは、老婦人のヴァイオレットと脳梗塞で全く身動き出来ない夫のベンが住んでいる古い屋敷に住み込みで働くことになった。その屋敷には鏡が一つもなく、至る所に魔よけのレンガ屑が撒いてある。働き始めて間もなく、バイオレットから全ての部屋を開けられる合鍵を預かるキャロライン。そしてある日、彼女はその鍵でも開けられない部屋を発見する。そこから、土地に伝わる古呪術“フードゥー”の存在と、昔この家で起こった惨劇を知らされるのだが…。

スケルトン・キー-3

いや~怖いよ~。
呪い、怖い。

”フードゥー”いわゆるブードゥーのお話です。

徐々に徐々に解かれていく謎。
めっちゃ怖い主人の妻・ヴァイオレット。
ベンは助かるのか、主人公は助けられるのか・・・。

そして最後の最後で・・・・

キャ~~~~!!!∑( ̄Д ̄)ガーン(=Д=;)マジー(=_=;)シュン

スケルトン・キー-1

あ~あ。うわぁ・・・キッツイなぁ・・・。(´Д`) =3

確かにいい終わり方はしませんよ!
でも全てが解決してスッキリ爽快な気分にはなれ・・・・
ます・・・・よ・・・?(スッキリするけど爽快ではないかも)

スケルトン・キー-2

1本の鍵から始まる恐怖の世界。
信じる信じないはご自由に・・・。


コメント

  1. 奈良の亀母 | URL | -

    Re: スケルトン・キー

    ご無沙汰しております。
    アメリカ南部モノって怖い作品が多い。
    ラスト、ヒロインに降りかかる運命の
    残酷なことといったらもう!
    ベンが鏡の前に居たら、若い弁護士が
    映ったのかしら。肉体を乗っ取る時に
    自動車運転技術やパソコンの知識も
    習得できるんでしょうか。魂が昔の人間
    のままだと現在のネット社会についていけなくなるとか・・・。

  2. うるる | URL | -

    Re: Re: スケルトン・キー

    こちらこそ ご無沙汰しております。
    コメントありがとうございます。

    なんか、本当に怖いですよね。
    でも最後の友人との会話も十分に対応できてたので
    やっぱり記憶とかそういうのも手に入れちゃうんですかね・・・。

    あの友人の運命やいかに!ですよね・・・。
    「次は黒人がいいって言ったのに!」って
    怖っ!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akkies238.blog43.fc2.com/tb.php/52-b772ad7a
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。