スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROOKIES -卒業-

2009年06月22日 21:03

ROOKIES -卒業-

夢が、俺たちを強くした。

監督: 平川雄一朗
プロデューサー: 佐藤善宏 、東信弘 、津留正明 、秋山真人
エグゼクティブプロデューサー: 濱名一哉
企画プロデュース: 石丸彰彦
原作: 森田まさのり 『ROOKIES』
脚本: いずみ吉紘
音楽: 羽毛田丈史 、高見優
音楽プロデューサー: 志田博英
主題歌: GReeeeN 『遥か』

出演: 佐藤隆太/ 川藤幸一 、市原隼人/ 安仁屋恵壹 、小出恵介 /御子柴徹
城田優/ 新庄慶 、中尾明慶 /関川秀太 、高岡蒼甫/ 若菜智哉 、桐谷健太 /平塚平
佐藤健/ 岡田優也 、 五十嵐隼士/ 湯舟哲郎 、川村陽介/ 桧山清起 、尾上寛之 /今岡忍
山本裕典 /赤星奨志 、石田卓也 /濱中太陽

(あらすじ) 2009年、春。川藤幸一は教師に返り咲き、ピッチャーの安仁屋はじめニコガクナインも揃って3年に進級。そんな野球部に2人の新入部員がやって来た。ひとりは中学時代からその名を轟かせてきた大物、赤星奨志。もうひとりは、ひょんな誤解から部員の平塚に尊敬の眼差しを向ける濱中太陽。しかし、メジャーリーグを目指している赤星は横柄な態度でチームの和を乱し、濱中もまた平塚に抱いていた幻想を早々に打ち砕かれ、すっかりやる気をなくしてしまう。そんな中、夏の予選大会を前にニコガク野球部に衝撃が走る…。


・・・

涙腺決壊(┳◇┳)

遅ればせながら「ROOKIES-卒業ー」観てまいりました。

 元々原作が大好きで大好きで大好きで。

そしてドラマにもしっかりハマった私。
映画の前評判も上々で、すっごい期待してました。

いやぁ・・・もう満点を超える出来ですよ~!q(T▽Tq)(pT▽T)p


 原作とはちょっと違ったりするんですが、うまく補完されてるし、
何よりやっぱりキャストの妙ですよね。

もう期待通りの素敵新庄・城田優
ROOKIES-新庄
今回もいい場面でしっかりみんなを支えてくれてます。
いいヤツだなぁ・・・。

そして何より想像以上だったのが
赤星奨志 as 山本裕典

ROOKIES-赤星

鼻血出るかと思いました。
ピッタリはまってます。
もう完璧。

たしかに細かく言えば色々あるのかもしれませんが(左右の違いとかね)
でもホントに赤星が動いてるのかと思ったくらい
私には完璧でした。
ちょっといい子すぎるとは思いましたけどね。

もう前半から涙腺緩みっぱなし。
中盤~後半にかけては
涙ボロボロ、鼻水ズルズル・・・
ラストには完全決壊。

化粧は全て剥がれ落ち、目は腫れてるわ、鼻は赤いわ・・・
とても太陽の下を歩けない状態に。

ラストはタイトル通り「卒業」のオリジナルシーンでした。
原作で描かれててもきっとこんな感じだったんだろうな。
本当に心温まるいいシーンでした。
うちの子供達もこんな熱い学生生活を送れたらいいのに・・・。

 あえて言うなら卒業式のシーン。

「オマエらの卒業式には紋付き袴で出てやる!」

って川藤先生が(1学年上の先輩の式の時に)言うシーンが原作にあるんですが、
その通り紋付き袴を着せてほしかったな~・笑

これで「ROOKIES」は本当に卒業を迎えました。
漫画としても、映画としても、
間違いなく私の生涯ベスト5に入る作品です。

素晴らしかったです!
ありがとう!!



コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  3. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  4. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akkies238.blog43.fc2.com/tb.php/56-11ac6538
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。